安心な家を建てる為地盤調査について知ろう

液状化対策の方法

作業員

地震などが発生した際に液状が起こる可能性があります。現在の建物や地盤のことを適切に把握してリスクを回避する為にも液状化対策をしっかり行いましょう。そうすることで安心して建物を建てられます。

More Detail

地質調査の費用

工事

住宅を建てる前にはしっかりと地質調査や地盤調査を行なうことが大事です。地質調査を怠ってしまうと建築後に家が傾いてしまう欠陥住宅になる原因になるので必ず業者に依頼しましょう。

More Detail

防火対象物点検制度

作業者

平成15年に防火対象物点検制度により「防火対象物点検」が義務となりました。建物の責任者は1年に1回点検の報告をすることが必要となっていますので必ず厳守しましょう。

More Detail

地盤調査のポイント

工事現場

建物を建てるときに最初で関係することは地盤調査です。建物を建てる土台になる地盤はしっかりと確認する必要があります。せっかく建てた家やビルが、後から崩れることがないようにする為にも地盤調査を行いましょう。そもそも地盤を調べないと土台が弱い箇所が上に建てた家の重さで沈下して傾いてしまったり崩れることにつながります。地盤の調査は2種類あります。調査を行なうタイミングですが、新しく家やビルのような建物を購入したり建築するなら契約後に行なうことが多いです。しかし、ハウスメーカーで販売された家を買う時などは事前にメーカーが地盤調査を行っています。契約前に調査を行なうケースとしては、現在持っている土地に新築の家を建てる時などです。その際は、メーカーや工務店に相談すると良いです。調査をして終わりではなく、弱いと判明した際は、適切な対処をする事が大事です。調査後に地盤そのものを工事することで崩れないようすることが出来ます。ただし費用が200万円から500万円と掛かるため注意が必要です。また、土地そのものを変えてもらう方法もあります。土地そのものが自分のものでない限りは別の場所を検討することも良い選択の一つでしょう。地盤調査をお願いするときのポイントでは費用を予め多めに用意しておくことです。日本は全体的に地盤が弱い為、問題が発覚しても地盤改良の工事費が必要だったりします。また信頼できる業者を探すことは非常に大切なポイントです。正確な調査結果を得るには技術と経験が必要です。インターネットなどで施工例を確認してみると良い業者を探すことができます。