防火対象物点検制度|安心な家を建てる為地盤調査について知ろう

安心な家を建てる為地盤調査について知ろう

防火対象物点検制度

作業者

防火対象点検とは、「防火対象物点検制度」に行われる点検のことです。平成15年と比較的最近スタートした制度で、防火の知識を持っている防火対象点検資格者が点検を行います。責任者と防火対象点検資格者が面談をしたり、チェックをして基準に則っているかを確認します。この点検が始まったのは、平成13年に新宿の雑居ビルで起きた火災が関係しています。44人の死者を出したこの火災では、避難経路に障害物が置かれていたことや、消防用設備が点検されていなかったことで消防法命令違反がありました。こうした事件を未然に防ぐために作られて制度が防火対象物点検報告制度なのです。所有する建物は自分で管理するという防火管理に対する意識を高める目的で、建物責任者には防火対象物点検資格者に防火管理の点検や報告することを義務付けられています。具体的な内容としては、防火責任者を選んだり、消防法を守って適切な点検を実行をすること、避難設備の管理をしっかりする必要があります。点検期間は1年に1回報告する義務があり、防火対象物点検資格者と行います。また、消防法令の厳守状況が優良だと判断された場合は、点検報告の義務を免除することが3年可能です。認定されるには認定用件があるのでしっかりと確認してください。もし万が一、点検の義務を怠ると建物の責任者は罰則が与えられます。しっかりと制度を確認して違反を行わないように気をつけましょう。日頃の点検がいざという時の自分の身を守ることに繋がるのです。