液状化対策の方法|安心な家を建てる為地盤調査について知ろう

安心な家を建てる為地盤調査について知ろう

液状化対策の方法

作業員

安心して利用できる建物を建てるために液状化対策をしておくことはとても大切です。液状化現象が起こるには、4つの大きな条件があります。1つめに砂がサラサラしていること、2つ目に堆積がゆるいこと、3つ目に地下に水が存在すること、4つ目に強い地震の振動が発生することです。その為、これらの条件には次の要素をなくせばよいことになります。砂がサラサラしている場合にはセメントのような固化材を液状化する地層に混ぜて、その地層を固化することです。地盤が緩い場合は液状化する地層を重機で堀り、そこへ砂を押し込んで地盤を圧縮する方法もあります。地下に水が存在する場合、止水壁内にある液状化の部分に掘った井戸から水を排出して地下水を少なくしておく方法がよいでしょう。そうすることで液状化対策になります。
液状化には地域により発生しやすい場所、地盤の条件や特徴があります。それは現在宅地となっている場所が昔は河川敷だったところだったり、含水率が高い地層に発生が起こりやすいです。主に臨海部で埋め立てが行われた地域や、昔に水田であった盛土構成された地域です。そして液状化が問題になる地盤は粘着力がない地層や含水率が高い地層であることになります。液状化は通常であれば、どのような地盤でもバランスを保って建物を支えることができます。しかし、地震の影響などで上下に揺さぶられることが繰り返されるので、液状化が起こります。その為、現在の地盤を把握して液状化対策を施すことが大切です。液状化対策について詳しく知ることで被害を予め抑えることが出来ます。